手作り日和日記 NEW♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS ペット葬儀社

<<   作成日時 : 2011/10/07 12:49   >>

トラックバック 0 / コメント 2

びっくりなタイトルですみません
銀太に何かあったわけではありませんです!元気です!


いえ…実はね……

先月の話なんですが、同じマンションに住む友人のMちゃんのところにいたわんこが虹の橋を渡ってゆきました

年は17歳でした。

ダルメシアン風の柄のMiXわんこで体もラブラドールくらい大きいですが、とってもやさしいわんこでした。

名前はビワちゃん


今年に入ってから、ちょっと弱くはなっていたそうなんですが、まだ春先にはふらふらする中でもお散歩に行く姿をよく見かけていたんですが・・・・・
夏ごろからはあまり起きたり歩いたりすることができなくなり、介護が必要に・・・・・

寝返りもうてなくなった夏終わり・・・・
Mちゃんとこにはもうすぐ1歳になる息子ちゃんがいるのですが、育児と介護両方一生懸命してました。

17歳になるビワちゃんは、Mちゃんが学生時代から一緒にいるわんこ。
旦那様より付き合いが長い。悲しい時も、うれしい時もいっつもそばに寄り添って、励まして、いっしょに過ごしてきた時間。
本当に癒された時間と年月だったそうです。

ビワちゃんの訃報を知ったのは、亡くなった3日後。

そうとは知らずその3日前が1歳の誕生日だった長男君へおめでとうメールを打ったそのお返事で知りました。


もうびっくりして・・・・・
たまたま芽依は保育園に行ってたので、そのかんにお買い物!とっ夕飯材料を仕入れにスーパーに行っていたときでした。

速攻切り上げて
・・・・なにか・・・なにかと・・・・思い急いでお花屋さんに行きお花を買って・・・・・
お線香のひとつでも・・・ほんとそう思って帰りにMちゃんのお部屋をピンポン!!!したおはりこです。


ビワちゃんは小さくなって骨壺にはいっていました。
Mちゃんにお花を飾ってもらって素敵な遺影も。

長男君が1歳になるのを見届けたかのように・・・・1歳になった夜中3時過ぎから2時間後…静かに渡っていったそうです

まだ長男君がいるからなんとか気持ち的にはしゃんとしないと!って思うんだけど・・・・それ以外はほんと手につかなくて・・・・って
長年連れ添っていたパートナーであり家族であり・・・・・子供であり・・・・・
ペットという位置つけでなく家族だもんね・・・・・・悲しくて何もできなくなる気持ち・・・・・・
痛いほどわかる・・・

2人で泣いちゃいました。

Mちゃんが
泣いてばかりいてはビワが心配していけないね・・・・でもやっぱり悲しいものね・・・・・
今までいるのが当たり前だった存在がいなくなるって…ホント胸にぽっかり穴が開いてしまうんだね・・・って
でもそのままに…ていうわけにもいかない・・・・って思って前からチェックしていた(春先から弱っていた姿を見て覚悟もある程度ふまえ、探していたそうです)ペット葬儀社へ連絡したそうです。
朝一で電話をして・・・・準備をしてきてくれて・・・・

ビワちゃんをタオルにくるんで・・・・・・
来た車で、ビワちゃんを火葬することができるそうで。
でもマンション内で火葬するわけにはいかないから、一緒にOKな場所に移動して・・・そこでビワちゃんの火葬から骨壺への納骨までをしたそうです。きれいな骨壺ときれいな箱に入っていました。

市の火葬場でもペットの火葬は申し込めばできるそうですが、お骨はもらえません。
Mちゃんはお骨はほしかったので、ここにしたんだ〜〜って言ってました。


銀太も12歳・・・。
まだまだ元気ではありますが、もっともっと長生きしてほしいですが、いつか来る…別れの時・・・・
考えたくはないけれど、ビワちゃんの旅立ちで改めて考えました。
Mちゃんがお世話になったペット葬儀社のパンフをもらって・・・・・
まだまだ先だけど・・・・
こういうこともきちんと考えておかないとな…・とも思いました。

ビワちゃんはきっと今虹の橋の向こうで元気に走ってるかなぁ〜
たくさん癒してくれてありがとう!ビワちゃん!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。
いつかお別れは必ず来るんですよね。
心の準備なんてできませんよね。
ビワちゃん…こんなに思われて、きっと幸せだったと思います。
ご冥福をお祈りします。

こんな素敵な内容の記事に書いてごめんなさい。
私もとうとうブログ再開する気力がでました。

めいちゃんも3歳で、手がかかる時期でしょうか。
お暇があったら時々でも覗いてやってくださいね!
めいちゃん、3歳かぁ。
なんか、ジーンとしました。。。
これからもよろしくお願いいたします。
まりちゃん
2011/10/07 14:54
うちも実家の猫ちゃんが亡くなった時、手術の傷跡が可哀想だからってハンカチをエプロン風に巻きつけて、それはそれは可愛らしい姿にしてもらっていたのを思い出しました。
家族同然だから、やっぱりきちんと供養してあげたいね。
実家の猫ちゃんもペット葬儀屋さんに迎えに来てもらい火葬してもらいました。
骨壷はまだ実家の仏壇の前にあります。
母が亡くなった時に父と一緒のお墓に入る予定。
ビワちゃんも、飼い主さんに大切にされて喜んでいるよ。
小さなお子さんがいるという事なので、早く元気になれるといいね。
ご冥福をお祈りいたします。
せつないね・・・
2011/10/10 23:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
ペット葬儀社 手作り日和日記 NEW♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる